英語にまるわるちょっとしたお話しをお伝えしていきます。

目次

2009.11.15 MJからのメッセージ

マイケル ジャクソンの映画『THIS IS IT』を観た。2回。 1回目は一人で、2回目は中学生の甥と姪を連れて。最初一人で観て、興奮冷めやらず・・・「これは誰かに伝えなくちゃ!次世代の人々に見せなくちゃ!」という思いに駆られて。

言うまでもなく、この映画は世界のKing of pop マイケルジャクソンのこの夏行なわれる予定だったロンドン公演のリハーサル風景、舞台裏が残されている映像。その時間は、100時間にも及ぶという。パフォーマンスを創り上げていくまでの、パワフル且つ繊細で愛情深いMJに再び出会うことができる。天才アーティストマイケル ジャクソン。マイケル自身は、このコンサートを”最後”と位置づけて、カメラを回し続けていたというから、彼はこの時を予感していたのか・・・魂を振り絞った彼からのメッセージを真摯に受け止めたい。

MJ自身が、リハーサル中”create the show"と何度か言っていた。天才アーティストは妥協を許さない。音、光、ダンス、衣装、舞台セット、1つ1つをクリエイトし重ねていく気が遠くなるような作業、高揚。そして、彼は一緒にステージを創っているクルーに優しく問いかける、お願いしていく。愛の人なんだ、って思った。

彼のもっとも近いところで、ステージ創りをしていた舞台監督のケニー・オルテガ。仕上がった映像に、2人が築いてきた深い信頼と愛情を感じた。そして、「MJと同じ舞台に立ちたい。」と世界中から集まったダンサー、アーティストたち。彼は、その全ての人々をインスパイアーした。カラダが亡くなったいまでも、彼の軌跡、音楽、思いを通して。

人は生きている間に、どれだけの人に影響を与えて生きていくのだろう。ひとりの考え、行動が世界の人々をインスパイアーすることがある。マイケルジャクソンのように・・・。”想い”は海を超え伝わっていく、と私は信じている。私たちは、MJではないけれど自分のささやかな思い、行いさえ周りの誰かを、インスパイアーし、世界を創っているということを忘れずにいたい。

映画This is it の中で、2回共私が心を揺さぶられた曲、Earth Songを最後に記す。皮肉にも、MJがこんな深い想いで地球を愛していたこと、そのメッセージを彼の死をもって知ることになる。正に身を持って伝えたかったメッセージ・・・心に刻んでいこう。


    EARTH SONG


  What about sunrise
  What about rain
  What about all the things
  That you said we were to gain・・・
  What about killing fields
  Is there a time
  What about all the things
  That you said yours and mine・・・
  Did you ever stop to notice
  All the blood we've shed before
  Did you ever stop  notice
  The crying Earth the weeping shores?

  Aaaaaaaaah Aaaaaaaaah

  What have we done to the world
  Look what we've done
  What about all the peace
  That you pledge your only son
  What about flowering fields
  Is there a time
  What about all the dreams
  That you said was yours and mine
  Did you ever stop to notice
  All the children dead from war
  Did you ever stop to notice
  The crying Earth the weeping shores?

  Aaaaaaaaah Aaaaaaaaah
     
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・

























ページトップに戻る

 

体験レッスンのお申込みはこちら

体験レッスンのお申込みはこちら