英語にまるわるちょっとしたお話しをお伝えしていきます。

目次

2009.8.15 Vacation is Vacation!!

夏休み真っ只中のある日の午後、列車に乗っていると、制服姿の高校生が2人車内に入ってきた。その姿をみて、私の隣に座っていたフランス人のヴィクトルくんは驚いて言った。!”Why are they wearing uniforms? Isn't is summer vacation now?”

日本の高校生は、クラブや課外などがあり夏休みでも学校に行くこと、宿題も沢山出されるということを話すと、ヴィクトルくんはさらに驚いて、”Why? Vacation is vacation!! No school, no homework. Just relax!"というのだ。

なるほど、彼の国フランスでは誰もが2~3週間ヴァケーションをとり、その間はモチロン学校には行かないし宿題は全くなし。セカンドハウスなどで、実にの~んびりゆっくり過ごすのだそうだ。彼自身の家族もで別荘が2つあり、夏は湖の近くで、冬は山の近くで過ごすという。彼には、”Summer vacation friends"がいるいう。”夏休み友達?”何のことかと訊ねると夏休みを一緒に過ごす友達のこと。各自が別荘住まいをしながら、ハイキングをしたりビーチで遊んだりしながら、時にはお互いの別荘に泊まり会ったり。夏休みが終わると、それぞれの生活にもどっていく。Summer vacation friendsというのは、夏休み限定の友達のこと。流石ヴァカンスの国、フランス。

こういうヴァカンスについては、ヨーロッパの人々と仕事上のつきあいがある友人から聞いていた。彼女は、15年ほどスイスに本社がある旅行会社勤務の後、現在ヨーロッパ雑貨の輸入に携わっている。仕事を通して、ヨーロッパ人気質なるものをよくわかっていた。国によって差こそあれど、フランス人はメールでやりとりしていて、あれ?連絡が途絶えたと思ったら、3週間のヴァケーション中。なんてことがよくあるという。正に、Vacation is vacation。ヴァケーション優先。人生において、ヴァケーションは重要かつ不可欠!とでもいったような具合。

ところで、”Vacation”の語源はラテン語のvacuus(空になった状態の意)。自分を空っぽにするのがヴァケーション? 日常から離れ、何もしない贅沢を味わう。というのが、本来のヴァケーションのあり方のようである。 ヴィクトルくんは、そういう概念を持っているから、夏休みに制服で学校に行く高校生に驚くわけだ。

なんだか日本人は、いつもセカセカ慌しくしているなぁ~。働いて働いて、お休みも予定をいっぱい入れて、あれをしてこれをみて・・・と予定をこなすことに一生懸命。それって、本来の”Vacation”では、ないなぁ・・・。とは言っても、自分が3週間のヴァケーションが与えられたとして、果たしてずーーーーっと何もせずのんびり過ごすことができるだろうか・・・・自信がない。きっと、しばらくすると”働きたい!”欲求が沸いてくる。仕事あってのヴァケーション、と私は思うから。懸命に勉強すること、働くことだけが人生の最優先ではないと信じたい。フランスのような長期休暇ではないにしても、自分を空にする時間、自分を取り戻す時間、という意味でのヴァケーションを例え1日でも1週間でも意識的にとっていきたいものだ。その時は、携帯と時計を置いて心に従ってネ・・・。Vacation is vacation!







ページトップに戻る

 

体験レッスンのお申込みはこちら

体験レッスンのお申込みはこちら